2010年06月07日

<鳩山首相退陣>民主候補、街頭で訴え「清潔な政治に返る」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の退陣表明から一夜明けた3日朝。目前に迫る参院選に民主党の立候補予定者は街頭に立ち、「クリーンな政治に立ち返る」などと有権者に呼びかけ、支持率低迷からの脱却を目指した。一方、利用が広がるツイッターでは、短いつぶやきで不特定の国民に政治状況を届けようとする議員も増えるなど、有権者への働きかけも活発になってきている。【市川明代、福永方人】

 比例代表で立候補を予定している民主党の有田芳生氏(58)は午前7時から、地元東京都練馬区の地下鉄駅前でマイクを握った。

 有田氏は鳩山首相の辞任表明を「遅すぎるぐらいだ」と説明し、頭を下げた。1カ月ほど前から各地の駅頭に立ったが、「民主党はうそつきだ」と言われたりしてきたといい、「今朝はそういうことが全くない」と語った。

 一方、「鳩山さんにもう少し頑張ってほしかった」という声も。演説を聴いていた地元の会社員(50)は、「首相がすぐ辞めてしまうのでは自民党と同じ」と話していた。

 参院選神奈川選挙区から立候補予定の現職、金子洋一氏(47)は川崎駅前で午前7時ごろから約1時間半、演説やビラ配りをした。

 金子氏は米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、鳩山首相に辞任を求めていた一人。この日は批判を受けることも覚悟していたが、「ビラを受け取ってくれる人数も1カ月前に比べ5割増し」と、手応えを感じた様子だった。

【関連ニュース】
<写真特集>鳩山由紀夫氏の軌跡
<写真特集>鳩山首相退陣表明
<明快図説>民主党の党内人脈図2010
<関連記事>鳩山首相:辞任 小沢幹事長も引責 カネ、普天間迷走 政権交代8カ月半
<関連記事>鳩山首相:「次の総選挙出馬せず」

<食の安全>「推進イニシアチブ」日中合意 相互調査明文化(毎日新聞)
<わいせつ行為>アートコーポレーション寺田会長を書類送検(毎日新聞)
薬局経営者殺害、男に無期懲役=求刑は死刑―別の強盗殺人で服役中逮捕・大阪地裁(時事通信)
都内最大級 売春クラブ摘発(産経新聞)
電動自転車ユーザー拡大 バラエティー豊かに(産経新聞)
posted by オオヌマ ヨシヒコ at 09:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。