2010年04月06日

大島氏、首相の普天間発言を批判(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は29日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の移設問題をめぐり、3月中に政府案をまとめると言及していた鳩山由紀夫首相が「今月中じゃなきゃならないとは、別に法的に決まっているわけでない」と発言したことについて、「イロハのイも言葉の重さをわきまえておらず、『(それでも)政治家ですか』といわざるをえない。(首相を)お辞めになった方がいいのでないか」と批判した。

【関連記事】
岡田外相がゲーツ米国防長官と会談 米側は海兵隊の重要性を強調
「県外移設」固執の甘さ 期限目前に“閣”分裂
首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」
大丈夫? 鳩山首相「新たなスタート」直後のバカンス
「ヘリ部隊2カ所程度に分散を」普天間移設で防衛相

自衛隊機の民間転用を推進=次期輸送機納入式で防衛相(時事通信)
<日米密約>「説明受けた」中曽根元首相、認める(毎日新聞)
<訃報>後藤悟さん81歳=立行司の第28代木村庄之助(毎日新聞)
国東半島 「峰入り行」始まる 天台宗の僧侶ら(毎日新聞)
弁護士バー 東京・渋谷に開店へ 接客で法律相談はせず(毎日新聞)
posted by オオヌマ ヨシヒコ at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。